ブログ


「第19回 地方から考える社会保障フォーラム」に参加致しました

2019年08月08日

2019年8月7日(水)・8日(木)の2日間、ビジョンセンター東京有楽町 で開催された「第19回 地方から考える社会保障フォーラム」に参加致しました。

今回は「児童虐待について」「空き家対策」「地域包括ケアと共生社会」「訪問看護の役割「認知症対策の最新情報」と様々なテーマに渡り学んで参りました。

特に「児童虐待における更なる対策」「空き家の活用」「認知症の方を地域で理解し見守る」などの取り組みへの重要性は高く、今後本市においても重要課題です。
議会においても積極的に取り組んで参ります。

社会保障フォーラム2019-3

seminar_19_ページ_1
seminar_19_ページ_2

社会保障フォーラム2019-2

衆議院第二議員会館にてフレイル予防の講演会が開催されました

2018年05月18日

平成30年5月18日(金)、衆議院第二議員会館にて公明党女性委員会の「健康・医療プロジェクトチーム」によるフレイル予防の講演会が開催され参加して参りました。
座長は伊藤孝江参議院議員です。
フレイル予防には、「バランスの取れた栄養」「定期的な運動」「積極的な社会参加」がポイントであると強調されていました。
大変印象深い講習会で、今後、本市においても更に介護予防が大変重要な政策となりますので行政に更に働きかけて参ります!

DSC_3954

DSC_3993

DSC_3952

「第15回地方から考える 社会保障フォーラム」に参加しました

2018年04月26日

平成30年4月25日(水)・26日(木)の2日間、「第15回地方から考える 社会保障フォーラム」に参加し、講師として講演された厚生労働省の担当課長などから最新の現状についてお話しを伺いました。
特に生活困窮者に対する包括的な支援体制の強化、また、子育て支援特に子育て世代包括支援センターなど本市においても行われていますが、更なる推進が必要と実感致しました。
今後とも市政の施策に生かして参ります。

seminar_15_ページ_1

seminar_15_ページ_2

DSC_3884

「楽しく食品ロスについて学ぼう!」講演会が開催されました

2018年02月17日

平成30年2月17日(土)、メディアパーク市川に於いて「楽しく食品ロスについて学ぼう!」講演会が開催されました。
食品ロスは、廃棄される食べ物のうち本来食用になるはずだった部分の量を意味します。
1日一人当たり134グラム、おにぎり1個分捨てているそうです。
今回は残りものをリメイクし、違う料理にしていくアイデア料理など伺いました。
無駄なく使いきる事が環境にも、また、お財布にも優しいですね、大変参考になりました!

DSC_3628

DSC_3629

第13回 地方から考える「社会保障フォーラム」に参加し学んで参りました

2017年07月20日

7月19日(水)・20日(木)の2日間、第13回 地方から考える「社会保障フォーラム」に参加し学んで参りました。
1.障がい者の就労~農福連携も含めて、2.生活保護の新しい展開、3.社会保障は誰のため?何のため? 、4.厚生労働省の考える『我が事・丸ごと』地域共生社会とは、5.地域包括ケアシステムの深化と地方自治体の役割などの講演を2日間にわたり勉強して参りました。
特に、地域包括ケアシステムにおいて、住まいを中心に医療・介護・生活支援・介護予防など、市川市に於いての仕組みづくりをさらに推進して参ります。

社会保障フォーラム2-1

社会保障フォーラム2-3

社会保障フォーラム2-2